最安値級価格 宗sou 引箔花手毬模様織出し袋帯【リサイクル】【着】 その他

宗sou 花模様織出し袋帯【リサイクル】【着】 - dannyrecords.com.ec, 宗sou 丸文に桐・藤・菖蒲模様織出し袋帯【リサイクル】【着 , 宗sou 丸文に桐・藤・菖蒲模様織出し袋帯【リサイクル】【着 , 宗sou 丸文に桐・藤・菖蒲模様織出し袋帯【リサイクル】【着
宗sou 変わり織抽象山並みに川模様織出しリバーシブル袋帯【リサイクル】【着】
宗sou 引箔花手毬模様織出し袋帯【リサイクル】【着】_画像1 宗sou 引箔花手毬模様織出し袋帯【リサイクル】【着】_画像2 宗sou 引箔花手毬模様織出し袋帯【リサイクル】【着】_画像3 宗sou 引箔花手毬模様織出し袋帯【リサイクル】【着】_画像4 宗sou 引箔花手毬模様織出し袋帯【リサイクル】【着】_画像5 宗sou 引箔花手毬模様織出し袋帯【リサイクル】【着】_画像6 宗sou 引箔花手毬模様織出し袋帯【リサイクル】【着】_画像7 宗sou 引箔花手毬模様織出し袋帯【リサイクル】【着】_画像8 宗sou 引箔花手毬模様織出し袋帯【リサイクル】【着】_画像9
カテゴリ
  • ファッション
  • 女性和服、着物
  • その他
状態
  • 目立った傷や汚れなし

商品詳細

帯幅部分折れ山線に薄くすみが有ります。状態は大変良いです。着用可能です。採寸・検品:伊吹 撮影:田中(ゆ)

時代:現代(1989 - )
状態:非常によい
素材:正絹
技法:


寸法(cm)
長さ 434
31

注意事項

ご購入の際の注意事項 ・デジタルカメラやご使用のモニターの特性により色が忠実に再現できない場合があります。

・商品は仕入れ時のそのままの状態で発送し、箱などの付属品も含め、商品内容は全て写真にお撮りしております。

・樟脳やアンティーク特有の匂いがある場合がございます。
匂いに関しては、商品コメントには記載しておりませんので、ご理解の上ご購入の検討をお願い致します。

・当店すべての出品物は古美術・アンティーク・中古品ですので、ご説明しきれない小キズ・ニュウ・スレや、使用によるへこみ、あたり、また変色などの欠点がございます。
古美術・アンティーク・中古品であることをご理解の上、欠点も含めてお楽しみいただける方の入札をお願い致します。

・十分に気を付けてはおりますが、商品管理時や出荷時に破損・紛失等が発生したことで商品をお届けすることが難しくなった場合は、ただちにご連絡のうえ、商品価格と送料を早急にご返金させて頂きます。

ご注文品について ・タイミングによっては実店舗や系列店舗等で先に売切れてしまっている場合がございます。
その際はご返金を以てキャンセルの対応とさせて頂きますのでご了承くださいませ。

お取り置きについて ・お取り置きは初回ご注文日を含む7日間の追加ご注文商品が対象となります。
必ず初回ご注文時にご要望欄・メールなどにてご連絡をお願い致します。

ご購入お手続きはご落札当日中にお願い致します。ご購入お手続き期限はご落札日より5日以内となっており、期限が過ぎてお手続き頂いていない商品につきましてはご用意致しかねますので、ご留意くださいませ。また、落札品のお取り置き期間は1週間までとなります。取置・同梱をご希望の場合は落札時に、ご要望欄へその旨ご連絡ください。

宗sou 花模様織出し袋帯【リサイクル】【着】 - dannyrecords.com.ec
宗sou 雪輪蝶花文織出し袋帯【リサイクル】【着】
宗sou 丸文に桐・藤・菖蒲模様織出し袋帯【リサイクル】【着
宗sou 袋帯 流水花鳥文【リサイクル】【着】
宗sou 丸文に桐・藤・菖蒲模様織出し袋帯【リサイクル】【着
宗sou 佐賀錦プラチナ箔蜀江文に花・孔雀模様織出し袋帯【リサイクル】【着】
宗sou 丸文に桐・藤・菖蒲模様織出し袋帯【リサイクル】【着
宗sou 引箔絵箔螺鈿織時代風景模様袋帯【リサイクル】【着】

最安値級価格 宗sou 引箔花手毬模様織出し袋帯【リサイクル】【着】 その他

昨年2月中旬に挿し木をした長寿梅、5本中4本が生き残ってくれました。そろそろ根が動き出す季節になりましたので、一本ずつバラして鉢上げすることにしました。ひと鉢一本に植え替えです。ダメ元で挿したヤマモミジもついでに鉢上げしちゃいます。

最安値級価格 宗sou 引箔花手毬模様織出し袋帯【リサイクル】【着】 その他

久しぶりに盆栽っぽい作業です。めちゃくちゃ寒くて強風の中、時期を逃してはいけないとがんばってやってしまいます。

こちらの鉢です。長寿梅4本、ヤマモミジ1本。ヤマモミジは軸切り挿し芽をしたもの、長寿梅は取り木です。

左手前の長寿梅は残念ながら枯れてしまいましたが、他のは少しずつ芽が動き出しています。もう根も動き出していると思うので、早めに植え替えしてしまわないといけませんね。

鉢をひっくり返す前に、下に紙を敷いておきました。用土を片付けるときに楽かな?と思ったので。

さらに鉢をひっくり返す前に。植替え先の朱泥鉢の底に根腐れ防止剤(ゼオライト)を敷いておきます。ゼオライトを入れるだけでなく、流水で細かな塵を洗い流しておきました。

プラ鉢をモニョモニョと揉み、用土を緩めていきます。プラ鉢はこういうことができるので便利です。

すぽんと抜けました。思ったよりもずっと根が回っています。正直ここまでとは思っていませんでした。

白い根がいっぱい見えます。既に根が動き出しちゃってるようです。

少しずつ指で用土を崩していきます。焦らず時間をかけてやるのですが、寒くて指先の感覚がなくなってしましました。時折休んであったまって、用土を落としていきました。

崩している途中です。白い新しい根も見えますし、ちょっとごっつい太根も見えます。どれの根なんでしょうか?

だんだん解れてきたのですが、細い根が絡まり合っていてなかなか外れません。

ヤマモミジが外れました。軸切り挿し芽がうまいこと発根してくれたのはありがたいのですが、八方根とは程遠い根張りです。まあこんなもんでしょうかね。

この角度から見るとまあまあ見れるでしょうか。一本太いごぼう根があるので、それをどうにかすればなんとかなるような気がします。

長寿梅も外れました。これもぶっといごぼう根になってしまってますねぇ。グネグネといい形だったら根伏せも考えられるのですが、残念ながらまっすぐです。適当なところで切ってしまうしかないですね。

こんな感じなんです。

こちらはお気に入りだった真ん中に挿してあった一本。挿したときは根元にたくさん芽が付いていたのですが、残念ながら全部枯れてしまったようです。今回植え直してまた芽が出てきてくれたら嬉しいのですが、ちょっと望み薄ですかね。

幸い細根がたくさん出てきてくれています。八方根ではないですが、時間が経てばそれなりのものになってくれるかな?

これは徒長枝が伸びた一本。徒長枝といっても短いもので、かつ芽と芽の間が詰まっているので有望であります。2〜3か月して苗が落ち着いたら針金で軽く揺りをかけてやりたいところです。芽当たり自体はたくさんあるので、もっと芽が出てきてくれることを期待しています。

長寿梅の方はこんな感じで水に浸けておきました。そうそう、気になっていた癌腫病ですが、特にコブのようなものは見当たらず。特に発症していないようです。これはありがたい、安心しました。

最安値級価格 宗sou 引箔花手毬模様織出し袋帯【リサイクル】【着】 その他

まずはヤマモミジの軸切り挿し芽の植え替えです。

この左向きに伸びた太根、これが問題です。ごぼう状にまっすぐ伸びてしまっています。このまっすぐ伸びた太根を活かし、根全体の下の方を切って薄い鉢に植え替えてやろうか?とも思ったのですが、このヤマモミジは懸崖〜半懸崖風にしたいな、と思っていましたので、それは止めて…

太根の方をバッサリと切ってしまいました。切ったすぐ上には細い根がたくさん生えているポイントがありましたので、これがあればなんとかなるだろうと思ったわけです。懸崖っぽくするのであれば細くて背のたあい鉢に植えてやる必要があるので、あまり根が広がってもそれはそれで困りますので。

そう考えると今度は右側に広がっている細い根も気になるのですが、これはまあ後で切ってもいいのかな、と思って残してしまいました。切っちゃっても良かったかも?

で、こんな角度で植え付けてやればいいかな、と。上はまだ真っ直ぐなので、根が落ち着いた頃に針金を掛けてやらないといけません。で、このモサモサの根を…

バッサリと切ってしまいました。まだ細い根もたくさん残っているし、これくらいなら大丈夫なんじゃないかな?これからどんどん新しい根も生えてきてくれると思うし、十分でしょう。多分。

鉢に突っ込んでみると、これでもまだ根が多い感じですね。でもこれ以上切るのは正直怖い。これ以上切ってしまう人もたくさんいるようですが、私は怖くて出来ませんでした。

鉢底のゼオライトの上に盆栽用土を敷き、ヤマモミジの苗を入れます。爪楊枝で根の向きとか位置を微調整しますが、なかなか思い通りにはいかないですね。今こうやってみると、太い根をもうちょっと切ってやっても良かったのかも知れません。手前に伸びている太めのやつとか。

少しずつ用土を入れていきます。細い根と根の間にしっかり用土が入るように、爪楊枝で突いてやります。

用土が入ったらさらに爪楊枝で用土を突いて、根の隙間に用土が入るようにします。あんまりやり過ぎると根が浮いてきてしまうので、ほどほどに。

最後にジョウロでたっぷりと水を掛けてやり、用土と根を落ち着かせたら出来上がり。本当は紐か何かで苗が動かないように固定した方がいいのですが、苗を指で軽く揺らしてもしっかりしていたので、特に何もしていません。そこそこ深く植わってるし、根も3方くらいには張っているので、これで大丈夫と判断しています。

これでヤマモミジの植え替えは終了です。続いて長寿梅を植え替えます。

続いて長寿梅、まずはこの子から。ごぼう根がある訳ではないですが、根っこはかなり立派です。

あまり難しく考えず、バッサリ切りました。まだ小さい苗なので、これだけ根があれば十分と思います。

ゼオライトの上に盆栽用土を敷き、長寿梅の苗を入れてみます。さらに用土を入れる前に爪楊枝で根の位置を調整してみましたが、うまく出来ている自信がありません。

爪楊枝で突きながら少しずつ用土を入れていきます。

まだ細根が出ていますね。もうちょっと用土を足しましょうか。

結局用土をたっぷり入れてしまいました。

【京呉服製造 杉本商店】>世界色留袖CHISOです>手糸目手挿し友禅>アーチ欧花文様>千歳緑>欧米ハイソカラー>Dresscode>銀座NYC

こうやって見ると徒長枝が真っ直ぐすぎてどうしようもないので、5月くらいに針金を掛けて少し色気を付けてあげないといけませんね。さすがにその頃なら根っこも落ち着いているでしょう。

続いてこちら、お気に入りだった一本です。芽の数もだいぶ減ってしまったので、うまく育つかどうか。

これも、これくらいあった根っこを…

バッサリと切って…

植え付けていきます。

植え方は一緒、少しずつ用土を加えながら爪楊枝で突き、根の間に用土を入れていきました。根っこをちょっと切りすぎたかな〜?と思いつつ、切ってしまったものはしょうがない、と植え付けました。

こちらもたっぷりと水をやって出来上がり。根元にあった芽が復活してくれればいいのですが、先端の方に2つほど新芽が出てきてくれているので、最悪これでもなんとかなるでしょう。

続いてこちら。ごぼう根がまっすぐ伸びてしまってどうしようもなくなっています。

くるっと回してみたところ。ん〜、こっちが正しい方向なんでしょうか?向きが難しいですね。

寒くてどうしようもないので、もうあんまり難しく考えず…

バッサリいってしまいました。これをこの角度で植え付けることにします。

ごぼう根はもうちょっと短くてもよかったかも知れません。

あっ…ちょっと植え付け位置が浅すぎたか??

ということで、根が隠れるまで用土を足してみました。こうやって見るとちっちゃな苗ですねぇ。

こちらもたっぷり水をかけて終了。下の芽が用土に近すぎるのがちょっと気になりますが、しばらくこれでいってみようかと思います。

最後はこちら。ごぼう根が2本、V字に伸びています。これ、石付きにしようかと散々悩んだのですが、結局そのまま植え付けることにしました。

根をいくらか短く切りました。太根がしっかりしているものは細根がイマイチ少ない気がします。本当はもっと短くしたかったのですが、細根が少ないのでこれくらいにしておきました。

こんな感じに植え付けました。太根がしっかりしている程、芽の数が多い気がします。気のせいだったりたまたまだったりかも知れませんが。

たっぷりと水を掛けて終了です。あ、他のもそうですが、もともとあった古葉は葉柄部分で切り落としています。しばらくすれば残った葉柄もぽろっと取れてくれると思います。

これでずっと気になっていた長寿梅の挿し木の植え替えは終了です。お疲れさまでした!

今回植え替えた4本+1本の集合写真。みんなちゃんと根が付いてくれればいいんですけれど。

終わる頃に日が差してきました。この子なんかはちゃんと育って欲しいですね。

この子なんかは今後どうしたらいいのかまったくノープランなのですが、とりあえずこのままいってみようかと思います。

この子は元気っぽいのですが、針金を早く掛けてやらないとどうしようもないですね。

これが一番たくさん芽がついている苗。このまま育ってくれればいいんですけれど。

ということで、長寿梅もヤマモミジもこのまま1〜2年はこの鉢で過ごしてもらうつもりでいます。ただ、必要な部分には針金を早めに掛けてしまわないといけないと思っています。

特にヤマモミジの方なんですが、本当に一本の棒っ切れなので、根が落ち着いた頃を見計らって思い切りクネクネと曲げてみようと思っています。目指すは懸崖、ないし半懸崖なのですが、うまく小さく折り畳めそうだったら、小さく丸めてみるのもひとつかな、と思ってます。

いずれにしてもまずはしっかり根がついてくれることを祈るばかりです。長寿梅の花を見れるようになるにはあと何年かかるんでしょうかね?

まだまだ寒いですが、ぼちぼち植え替え・鉢上げを進めていく時期になりました。これを書いている今も外は雪が舞っていますが(というか嵐ですが)、寒いと言っている余裕はないのです。

▼▼♪★留★正絹・アンティーク・名古屋帯【桐・亀甲図】大正ロマン